MENU

ふるさとの味が家族をつなぐ

創業大正元年、能登で代々受け継がれた技で味を守ってきました。
家族で製造販売の七尾の小さなお醤油屋さん。

地域に愛されて醤油・味噌を作り続けて百年以上
地元のお客様をはじめ全国の皆様にもご愛用いただいております。

ご贈答用としても喜ばれており
全国に発送いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

小山屋の商品
小山屋の歴史
小山屋の醤油

能登の里山が生み出すおいしいお米や野菜。
能登の里海からとれる新鮮な魚。
能登半島・七尾は北前船が寄港した古くからの港町。
四季を通じておいしい魚がとれる町から生まれた醤油は、食材のおいしさを活かします。

幕末から明治にかけてこの地で廻船業をなし
醸造業を兼任していた西尾与平から
旅館業をしていた小山屋が大正元年に引き継ぎ、醤油・味噌を作り続けて百年以上の歴史があります。

小山屋の蔵

店舗や蔵は国登録有形文化財に指定されています。
蔵見学では、杉樽の並ぶ醤油の香りいっぱいの蔵や赤レンガ製の麹室をご案内します。

2階には多目的スペースがあり
コンサートや紙芝居など
様々なイベントにご利用いただいております

蔵について詳しくはこちら

小山屋の店舗や蔵は国登録有形文化財に指定されています。

新着情報